Panさいとう で使っている材料に付いて

小麦粉

主にキタノカオリを使っていますが、春よ恋をブレンドすることもあります

北海道産キタノカオリ100%

北海道産春よ恋100%

北海道産小麦全粒粉


 

糖類

ほとんど茶色のてんさい糖ですが、甘味が優しいので小豆を煮る時にはグラニュー糖を加えます

粉糖は、シュトレン等の菓子パンの最後の仕上げに使うことがあります

北海道産てんさい糖

グラニュー糖

粉糖


 

ミネラル豊富な天日塩を使います。現在はゲランドの塩です。


 

圧搾された太白胡麻油を使います。サラダオイルやマーガリンは使いません。

太白胡麻油

バターは、以前は発酵バターを使っていましたが、今はグラスフェッドバターを使っています。牧草のみで育った牛の乳から作られたバターです。発酵バターのような香りはないですが、なんともいえないコクがあります。このバターを使うと、ガツンというよりしみじみ美味しくなります。

グラスフェッドバター


 

酵母

2種類の酒粕を使っています。

一つは、いわゆるドブロクの酒粕で、短期間で絞るため酒粕の中にたくさんの酵母が生きています。もうひとつは、大吟醸(獺祭を主に使っています)の酒粕で、繊細な滋味をパンに与えます。で、有機玄米ご飯を栄養にして酒粕酵母ができあがります。他に、林檎や柿や人参で作る酒粕酵母もあります。


 

ドライフルーツ ナッツ

レーズン4種類、白無花果、あんず、クランベリー 等々 オーガニックを選んでいます

オーガニック胡桃

 


素材は自分が口にしたいことを基準に選んでいます。大事に作られた材料で、大事にパンを作りたいと思っています。